サイバー犯罪(eCrime)エコシステムは、収益を生み出すために、金銭目的で無数の犯罪活動に従事する、経済的に動機付けられた犯罪者の活発で拡散した経済です。

CrowdStrike Intelligenceチームによると、過去数年間の市場力学は流動的です。利益を生み出す新しいメカニズムやスキームが出現して新しい収益化の仕組みが特定されました。また、最大限の利益を生むために攻撃者が戦略を進化させたことで、世界的な地政学的、経済的様相も一変しています。この地下経済は、多くの点で世界市場に匹敵します。このエコシステムの衰退と流れを理解するため、CrowdStrikeでは、サイバー犯罪の状態を評価するeCrime指標(ECX)を活用した計算値を考案しました。この指標は、さまざまな観測量、影響度に基づいており、当社の対象分野専門家たちが継続的にモニタリングしています。ECXは、顕著な変化を特定し、さらに調査を進めることができます。当社では、このサイトで、このような事例の分析結果を共有いたします。