Industry

金融機関

金融機関は、潜在的なリスクをはらんだ常に進化する脅威に直面しています。

国内外の経済の問題で産業が果たしている重要な役割にあわせて、驚くべき額の資金が金融機関を通じて移動しており、この業種は、国家主導およびサイバー犯罪の脅威となる攻撃者の両方にとって論理的なターゲットになっています。 国家主導による脅威には、スパイ行為、破壊、資金の強奪などが含まれます。サイバー犯罪の活動は、日和見主義のアマチュアから、非常に専門的な組織的犯罪グループに至るまで多岐にわたります。このような犯罪集団は主に、金銭目的で活動しているため、資金が危険にさらされている場所ならどこでも確認されます。「大物狩り(Big Game Hunting)」が登場する前、サイバー犯罪グループは消費者や個人を主なターゲットとしていたため、業界への影響は間接的なものがほとんどでした。しかし、BGHランサムウェア手法は現在、一貫して金融機関をターゲットにしており、脅威がまん延しています。標的型のサイバー犯罪アクターは、アクターのサブセットと呼ばれ、大金を手にするために金融機関をターゲットとし(例:振込詐欺やATM出金など)、継続して金融サービスに狙いを定めています。

次の業種をみる