Industry

ヘルスケア

ヘルスケア産業は、常に、国家主導攻撃者とサイバー犯罪者の両方による攻撃の脅威に直面しています。

国家の攻撃者グループ、従来からスパイ活動の目的でヘルスケア分野を標的にしており、この業界での自国の取り組みを支援するための占有情報や研究情報を求めています。サイバー犯罪の世界では、医療機関に対するランサムウェアの運用や情報窃盗は、常に脅威となっています。この分野は大物狩り(BGH)を含む攻撃者グループによる複数の作戦の標的となっており、ランサムウェアを起動する前に情報を流出させ、潜在的な機密情報や個人情報を公開すると脅すことで被害者にさらなるプレッシャーを与えていることが確認されています。

2020年に新型コロナウィルスの感染が拡大したことで、ヘルスケア分野は更にエクスプロイトのリスクにさらされるようになりました。新型コロナウィルスの感染拡大により、サイバー犯罪者と国家両方の攻撃者グループによるサイバー活動の波が起きました。これらの攻撃者グループは、新型コロナウィルスの感染拡大にまつわる不安を利用してスパムキャンペーンを展開しています。標的型侵入を行う攻撃者グループは、新型コロナウィルスへの対応やワクチン開発において国家政府の役に立つ科学的情報の収集という新しい目標ができました。

次の業種をみる